柴犬を買うときペット保険に加入すべきか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

柴犬を買うときペット保険に加入するかしないかは飼い主の判断次第です。

任意保険になる為、加入行う人もいれば、加入していない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、ペット保険に加入しようと思ったとしても入れないケースもあるらしいです。

治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)中の犬、病気にかかっている犬だと保険に加入出来ない可能性が高いと思います。

基本的に加入できるのは健康体の犬のみです。

更に、現在は健康でも過去に何かの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)にかかっていた場合、断られる場合もあるそうです。

そして、犬の年齢も重要になります。

高齢になればなるほど加入が難しくなり、満9歳以上だと加入できないこともあります。

加入を検討しているためあれば、早期に加入された方がいいでしょう。

契約条件は各ペット保険会社によっては異なるので、A社の保険には加入できないとしてもB社の保険になら加入できる可能性があるでしょう。

ペット保険を検討されている場合、とりあえずは気になる保険会社に愛犬が加入可能なのか問い合わせてください。

保険に加入しておけば、万が一の時でも安心です。
 

柴犬の食事と餌のドッグフード
柴犬の餌はタンパク質の多い肉をしっかり含有する事と消化しにくい穀物を含まないドッグフードにすることが基本になります。

ページの先頭へ